HOME > 企業情報 > 採用情報 > 機械系開発

機械系開発

研究・技術部門 機械系開発

機械系の仕事

「リソグラフ」や「オルフィス」などの機構開発・設計を担当します。現在、大きなテーマとしては印刷の更なるスピードアップであり、同時に安定した用紙搬送を実現することです。また、エネルギー節減や小型軽量化・コストダウンなども不変のテーマとして取り組んでいて、次世代の印刷システムを見据えた開発が進められています。

山岸亮太の場合

2001年入社 K&I開発センター 研究部

※所属・掲載内容については取材当時のものです。

Q.どんな仕事をしているの?

現在、私は「オルフィス」の"用紙搬送系"の開発に携わっていて、最大の特徴である印刷スピードをさらに高速化することを課題としています。プリント画質を落とさずに実現するには、ヘッドから吐出された直径が数ミクロンというインクを、移動する用紙の表面に高い位置精度で着弾させる技術が不可欠です。この高速と高精度を両立させることがテーマです。構想・設計・試作・評価といった地道な作業を繰り返し、次世代の「オルフィス」創造に取り組んでいます。

Q.一番大きなやりがいは何ですか?

開発というのは、どんなに小さなことでも、世の中に無い新しいものを生み出す作業です。世界に一つしかないものを創り出すこと自体が魅力であり、それを成し遂げたときに確かな充実感や達成感を手にすることができます。そして、自分が創った製品で人を幸せにできることが、技術者の大きなやりがいだと思います。技術は人の役に立ち、世の中を良くしていくものだから、技術によって社会に大きく貢献できる技術者を目指していきたいと思っています。

山岸 亮太(やまぎし りょうた)

理想科学に入社を決めた理由

山岸 亮太(やまぎし りょうた)

子供の頃から機械いじりや工作が大好きでした。就職においても、"モノづくり"、特に実際に消費者に使用される製品の開発の仕事に関わりたいと思っていました。いくつかのメーカーのセミナーに参加しましたが、「リソグラフ」の高速印刷や、それを実現する給排紙の機構に大いに興味を覚えました。製品自体にすごく魅力を感じたのですね。最終的には、面接で若手が活躍していると聞き、自分にやる気があればやりたいことができると感じたことが、入社の決め手になりました。

山岸 亮太(やまぎし りょうた)

2001年入社 開発本部 K&I開発センター 研究部 理工学研究科機械工学専攻修了

中学時代から続けているのがサッカー。現在は、社内のサッカー部に所属、月に1〜2度試合を楽しむ。他の休日は、愛妻とショッピングすることが多い。

ある日のスケジュール
山岸亮太さんの一日【2001年入社 K&I開発センター 研究部】
8:20
出社。自宅から車で20分ほど。作業服に着替えてパソコンを立ち上げる。
8:30
始業。ラジオ体操の後、メールをチェック。回覧物や特許の閲覧。
10:00
前日に行った実験データを整理、解析を行い報告書にまとめる。
12:05
社員食堂で昼食。昼食後は、インターネットで興味あるサイトから情報収集。
13:00
グループミーティング。今後の予定などの連絡事項、セミナーや出張に行ったスタッフからの報告、各スタッフのテーマの進捗状況や結果報告。
14:00
実際の設計を始めるのは、この時間になる。自分の席で、3D-CADによる設計開始。悩んだときは先輩や上司に相談する。
16:00
実際に「用紙搬送」部分のプロトタイプをつくり、実験を行う。その後、データの評価。(一日中設計を続けることも、実験・評価を繰り返すこともある)
18:00
一日の実験データの整理。
19:30
帰宅。

このページのトップへ