HOME > 企業情報 > 採用情報 > 営業事務

営業事務

営業部門 営業事務

営業事務部門

営業事務の仕事

全国の営業活動がスムーズに運営されるように、各営業拠点に先駆けて新規業務を取り入れ、拡大しながら効率アップを推し進めています。支店レベルで対応しきれない機密性の高い業務であったり、全国の営業拠点に影響を与える仕事なので責任は重大です。

澤田 愛の場合

1997年入社 営業管理部 首都圏業務課

※所属、掲載内容については取材当時のものです

Q.どんな仕事をしているの?

所属している部署は首都圏にある営業拠点の業務の内、入金処理・債権管理・代販業務など、一箇所で集約することで効率が上がる共通業務をまとめて担当します。ひとつの仕事を支店の業務職と分担したり、後輩指導をしながら行う場合もあるため、タイミングを外さずに情報共有することは仕事の質を左右する重要な要素になってきます。特に私が担当している債権管理は、営業担当と協力して当社の利益を確実に守る大切な仕事。「最後の砦」といえるかもしれません(笑)。
また、時代の流れに合わせて多様化する購買システムに対応する仕事もあります。多くの場合、当社にとっての初めて業務ですので、実行可能かどうかの検討から始めます。そして各営業拠点に先駆けて試行および実行することで、標準化して運用に展開できるかを検討します。このようにお客様に安心して製品をご購入いただく一端を担っています。
当社製品もどんどん新機種が発売されるので仕事そのものは複雑化し、お客様のご要望やお問い合わせは一層多岐に渡ってきます。新入社員は対応しきれずに戸惑うこともありますが、一人前に成長するまでのフォローは私のミッションといえるでしょう。勤続年数が長い分、様々な仕事が体験できるので新しい発見が尽きません。

Q.一番大きなやりがいは何ですか?

初めて当社にご連絡くださったお客様に、お困りのことがあってご要望や不明点をひとつひとつ応対したことがあります。私自身は当たり前のことをしたと思っていたのですが、後日、そのお客様からわざわざお礼状をいただいたときは、本当に嬉しかったですね。毎日行う電話応対をはじめ、些細なことでも、こうして喜んでもらえる瞬間をつくれたとき、大きなやりがいを実感します。今でもそのはがきは自分を鼓舞する意味でも大切に保管しています。事務の仕事は定型業務だけという印象があると思いますが、その場に応じた判断力が求められます。特に、お客様をはじめ、営業やCE、販売店様など多くの人と関わる中で自分の力が相手の役に立ったと感じるときが、この仕事の喜びだと感じています。

Q.「自分が大きく成長した」と思える仕事体験は?

子育てと両立させている、この2年で時間の使い方や後輩育成について変化したと思います。時間的な制約があるため、従来以上に優先順位や段取りを考えて業務に臨むようになったので効率があがったと思います。また、「見守る」大切さを知りました。以前は後輩からの質問事項を代行してしまったり、抱え込んだこともありましたが「自分がいなくても」運営できる職場であるべきだと気づき後輩たちを信頼して任せることができるようになりました。その後輩たちが自分たちで解決したり、お客様や他部署で褒められたときは本当に嬉しかったです。後輩たちを支えているつもりが、今は逆に支えてもらっています。チームワークの良さも当社の素敵なところです。育児による短時間勤務をしていますので、職場に迷惑をかけていると思っていましたが、相乗効果が生まれることもあるのだと考えるようになりました。

Q.今後の目標について聞かせてください。

仕事では、お客様に近い支店事務、現在の営業スタッフという幅広い仕事を経験しました。またプライベートでは結婚や出産という人生のイベントを乗り越えて勤めつづけることができています。自分が一通り経験した中から学んだ点を伝えることで、後に続く人材を育てていきたいですね。こう思えるのも社員を大切にする社風のおかげかもしれません。応援してくれた会社には今まで以上に恩返ししたいという気持ちがあります。これからも幅広い視点から判断力を養っていき、今後 職場の域を超えたケースでも困った時には頼りにされる存在になりたいです。また後輩をはじめ周りのメンバーが悩むことなく活き活きと働けることに一役買いたいと思っています。こうして「RISOの底力」をレベルアップすることによって当社の営業を力強く支え、当社のファンをもっと増やしていきたいですね。

澤田 愛(さわだ あい)

理想科学に入社を決めた理由

澤田 愛(さわだ あい)

学生時代に、塾で事務のアルバイトをしていました。先生と生徒の間に立って様々な用件を調整する仕事に魅力を感じ、就職では事務職を志望しました。その塾で使っていたのが「リソグラフ」。どこか運命的なものを感じますね(笑)。当社に惹かれたのは、セミナーで生き生きと長く働いている女性社員に出会ったことがきっかけ。仕事を長く続けたいと思っていた私にとって、とても魅力的でした。彼女の話を通じて、当社が「個人の生き方、働き方」を尊重してくれる会社だと強く感じたのが入社の決め手ですね。今でもその印象は変わりません。

澤田 愛(さわだ あい)

1997年入社 営業管理部 首都圏業務課 文学部卒

平日は仕事中心なので、週末は2歳になるお嬢さんと公園などで遊ぶことが楽しみ。子育てに奮闘中ではあるが、少しずつ大きくなってきたので、新たな習い事に挑戦しようと企画中。

ある日のスケジュール
澤田 愛さんの一日【1997年入社 営業管理部 首都圏業務課】
8:30
出社。
9:00
5つの部署分の納品伝票処理。内容を確認し、各担当者に振分けたり、請求書として郵送する。
9:40
全国各地のお客様から製品のお問い合わせの電話に対応。担当の支店にフィードバックする。朝夕は特に電話に応対することが多い。
10:30
請求書作成。少しでも数字が違うと当社の利益に関わる。新入社員の頃から慎重に行ってきた仕事。集中力が高い午前中に行う。
11:30
昼休み 日によって交替制にしている。12:30から1時間休憩の日もある。
12:30
お支払い確認のためお客様にTEL
14:00
銀行口座にお客様からの入金情報を確認する。営業担当から提出された売り上げ情報と照合
14:45
新システムに備えてのデータ整備 後輩からの質問に回答する。日ごろの相談にまで話が広がることもある。
15:30
社内の支店事務職との電話連絡 首都圏にある支店業務職と、分担している業務について打合せ、最新の顧客情報を共有する
16:15
短時間勤務であるため、退社する。決まった時間の電車に乗らないと保育園のお迎えに間に合わない。後輩に残った仕事の確認をし、気持ちを切り替えて帰宅。

このページのトップへ