オルフィスX9050

オプションでRISOフィニッシャーを装備すれば、プリンタドライバまたはオルフィスで加工処理の設定をするだけで仕上げまでが自動化。プリント後に行っていた丁合やステープル止めといった作業の時間を他の作業のために活用することができます。

※RISOフィニッシャー使用時のプリント速度は最高110枚/分(A4片面横送り)です。

後処理を省力化する多機能フィニッシャー(オプション)

大量連続排紙機能を搭載

排紙中のトレイが満載になったら異なるトレイへ自動的に排紙先を切り替え連続してプリントを続けます*1*2。RISOフィニッシャー接続時には、最大4,000枚*3の排出が可能です。満載になったトレイから用紙を取り除けば、さらに排紙を続けることができます。

*1:ページ単位プリント時の機能です。部単位プリントには対応しません。
*2:RP排紙台(W)排出時は、連続排紙機能には対応しません。
*3:A4横、当社規定用紙(85g/m²)使用、RISOフィニッシャーS接続時、RISOフィニッシャーM接続時は、最大3,000枚(A4横)、RISOオートフェンス排出台接続時は最大1,500枚です。
※排出先によりプリント速度は異なります。
※イラストはRISOフィニッシャーS接続の場合。

ファイリングに便利なステープル・パンチ

100枚*1までのステープル、2穴または4穴*2のパンチが可能*3。会議資料などの多部数の仕上げを省力化できます。とじしろを設定すると、プリント画像が用紙に入りきらなくなる場合は自動でプリントサイズを調整して用紙におさめます。
*1:当社規定用紙(85g/m²)使用時。A4を超えるサイズの場合は65枚。
*2:4穴はA3またはA4長辺に可能です。
*3:RISOフィニッシャーS/Mを装備した場合に可能です。

小冊子作成も簡単(2つ折り、中とじ製本)

60ページ(15枚)*1までの中とじ製本*2、20ページ(5枚)*1までの2つ折り加工*2が可能。冊子状のマニュアルや販促ツールを作成することができます。

*1:一度に処理できるページ数を超える場合は分冊処理が可能です。
*2:RISOフィニッシャーMを装備した場合に可能です。

紙折り作業の手間を削減(3つ折り*1・Z折り*1

紙折りユニットでA4用紙の内3つ折りと外3つ折りが可能です。案内状作成などに活用できます。また、A3とA4が混在する文書をプリントする際、A3用紙をZ折りしてA4サイズにまとめることが可能(混在Z折り)*2。会議資料や研修テキストなどを効率よく作成できます。

*1:RISOフィニッシャーS/MにHC紙折りユニットを装備した場合に可能です。複数枚重ねた3つ折りやZ折りはできません。
*2:用紙サイズが混在したデータをプリント設定できるアプリケーションソフトを使用した場合。A3とA4の組み合わせかB4とB5の組み合わせで可能。

オフセット排紙

プリント単位ごとに排紙位置をずらして排出します*1。RISOフィニッシャーを使えばステープルやパンチ機能と組み合わせが可能です。

*1:RISOフィニッシャーS/MまたはRISOオフセット排紙トレイを装備した場合に可能です。

効率を高める排紙トレイ(オプション)

■ RISOオフセット排紙トレイ(オプション)
多部数プリント時にオフセット排紙(区分積み)が可能です。フェイスダウン排紙トレイに換えて設置することができます。両面プリントにも対応。500枚*1の積載が可能です。

*1:当社規定用紙(85g/m²)使用時。
※RISOオフセット排紙トレイ使用時のプリント速度は、最高110枚/分(A4片面横送り)です。

※写真はカバーを外した時のものです。

■ RISOオートフェンス排紙台(オプション)
選択した用紙サイズに合わせてフェンスの位置を自動調整。高速で排紙される用紙をフェンスでしっかり受け止めるV字型排紙台が大量のプリントも整然と積み上げます。プリント完了後は、オープンボタンでフェンスを広げ、手際よく取り出せます。1,000枚*1の積載が可能でチラシなど、単ページのプリントに便利です。

*1:当社規定用紙(85g/m²)使用時。
※340mm×550mmまでの用紙に対応するRP排紙台(W)(マニュアルフェンス可動) も選択できます。

封筒やハガキ、多彩な用紙にも対応*1

封筒やハガキ、厚紙など、多彩な用紙の大量プリントにも対応*2。各種案内状の制作から送付までがスピーディーに、よりスムーズになります。

■ 封筒給紙アタッチメント(オプション)
●対応用紙サイズ:90mm×148mm〜270mm×382mm
●対応用紙種類:50g/m²〜120g/m²

■ 厚紙給紙アタッチメント(オプション)
●対応用紙サイズ:100mm×148mm〜160mm×218mm
●対応用紙種類:100g/m²〜400g/m²

*1:封筒やハガキの種類によっては対応しない場合があります。詳しくは担当営業へお問い合わせください。
*2:封筒やハガキ、厚紙プリントには給紙台を使用します。また、オプションのアタッチメントが別途必要です。
※封筒やハガキプリントには、RISOオートフェンス排紙台または、RP排紙台(W)のご使用をおすすめします。
※封筒やハガキにプリントする場合、成形状態や保存環境などによってプリント時に紙づまりや汚れが発生することがあります。封筒やハガキの曲がりを直すことなどで、これらが緩和されることがありますが、すべてのプリントを保証するものではありません。

このページのトップへ

カラー・白黒判定機能

原稿がカラーかモノクロかを自動判別*1。カラー原稿とモノクロ原稿が混在する文書でも適切なカラーモードでプリントするためモノクロ原稿で無駄なカラーインクを消費することがありません。

*1:カラーモードをオートに設定した場合有効。

フルカラー出力より低コストで可能なマゼンタ・シアンの単色出力

フルカラープリントより低ランニングコストな単価0.72円*1で、マゼンタまたはシアンの単色出力が可能です。コストを抑えながら、インパクトのあるチラシやリーフレットをつくることができます。

*1:A4片面、マゼンタ:M5%/シアン:C5%、標準設定連続プリント、RISO X インクF使用時。用紙代別。

A3ワイドに対応

A3ワイド相当の用紙にも対応。プリントして裁ち落とせばA3全面プリントが可能です。
余白は標準3mm、最大1mm*1と広いプリント領域を実現。用紙サイズを十分にいかせます。

*1:余白1mm設定に対応するアプリケーションソフトを使用した場合。原稿の内容によっては文字や画像の欠け、にじみなどが発生する場合があります。

原稿サイズの混在プリントに対応*1

サイズの異なる原稿が混在している場合、原稿のサイズを自動検知し、それぞれのサイズでプリント*2またはコピーできます。

*1 :面付け機能、ブック原稿、小冊子排紙機能とは併用できません。
*2:データのアプリケーションに制限があります。

複数ページを1枚におさめるNアップ/連写

複数ページを1枚におさめるNアップや、同一原稿を縮小して1枚の用紙に複数割り付ける連写で用紙の節減が可能です。

プリント位置調整/画像回転

プリント位置を上下左右±20mmまで調整可能。両面プリントの場合は、おもて面と裏面を別々に調整できます。また、封筒など用紙の通紙方向が決まっているものにプリントをするときは、用紙に対して正しくプリントされるよう画像を回転させることができます。

※画像回転はプリンタドライバのみの機能です。

最適な画質でプリントする原稿モード/画像品質

写真を自然な色合いに処理する写真優先か、文字をくっきりと、イラストは鮮明に処理する文字優先か、原稿に合わせ選択できます。さらに、原稿に適した解像度設定(標準/高精細*1)でプリントすることができます。

*1:高精細に設定するとプリントに時間がかかることがあります。

文字をなめらかに見せる文字スムージング処理

文字スムージング処理を行うと、文字や画像の輪郭をなめらかに見せることができます。

※文字スムージング処理を行うと、プリントに時間がかかることがあります。
※プリンタドライバのみの機能です。

色合いを思い通りに近づけるイメージ処理機能

プリントするデータの明度・彩度・コントラストおよびガンマ値を設定し、色合いを調整することができます。プリント濃度や網点の設定も可能です。

※プリンタドライバのみの機能です。

このページのトップへ



確認プリント/コピー

必要部数をプリントする前に1部だけプリントして、レイアウトやとじしろ、フィニッシャーの設定などの仕上がりを確認してからプリントを続けることができます。

プログラム印刷

グループごとに印刷部数を最大60グループ分まで登録が可能。連絡文書などを必要な時に必要部数をすぐにプリントできます。

多部数プリントを効率よくソート

多部数プリントするときにページごと、または部ごとの単位でソートができます。会議資料などページ数の多い文書を配布するときに部ごとを選択すれば丁合の手間を省くことができます。

仕分けが簡単になる合紙/表紙付け

大量プリントを一定の枚数ごとに区切りたい場合に、合紙を自動的に差し込むことができます。合紙には数字やアルファベットの印字も可能。仕分け作業がしやすくなります。さらに、配布する資料の表紙や裏表紙に本文とは別の用紙を使用したい場合、色紙や印刷済みの用紙などを指定のトレイから挿入し丁合することができます*1

*1:表紙の用紙にプリントすることはできません。


不要な白紙ページを除外してプリントする白紙節約

複数ページの中に白紙のページが混在する場合、途中にある白紙ページを詰めてプリントできます。両面プリントと組み合わせるとさらに用紙の節約ができます。

※ヘッダー・フッターの適用ページの場合は本文データがなくても白紙扱いになりません。
※プリンタドライバのみの機能です。

資料作成に便利なページ/日付印字

ヘッダーやフッター部分にページや日付を印字でき、文書管理作業を効率化します。

文書管理に便利なウォーターマーク

「秘」や「回覧」などのウォーターマーク(透かし文字)をプリントできます。任意の文字列を追加登録することも可能です。

※プリンタドライバのみの機能です。

プリント設定を保存できる、設定登録/呼出

プリンタドライバの設定値やコピーの設定を登録しておくことができます。最大10件まで登録可能。定期的にプリントするものは、プリントするたびに設定する必要がなく、作業の手間を省くことができます。

ComuColorExpress IS900を使えば可変データをよりスピーディーに(オプション)

案内状の宛名印刷や帳票出力など、データベースを使って顧客ごとに1ページずつデータを差し替えて出力する可変データ出力(バリアブルプリント)をサポート。処理能力の高いプロセッサと大容量ハードディスクを活かして、負荷のかかる出力もパワフルにスピーディにこなします。
詳しくはこちら

オルフィスについてのお問い合わせ

このページのトップへ