HOME > 企業情報 > 採用情報 > 研究開発(メカ)

研究開発(メカ)

加賀谷 大地

R&Iセンター NB開発部

2016年入社

研究開発(メカ)

若手にも開発をどんどん任せる会社だからやりがいを感じる

新規事業を成功させて、新たなお客様のお役に立ちたい

R&I(リサーチ&イノベーション)センターは新規事業の立ち上げを目標 としています。私はその中のNB開発部に所属し、新規インクジェットプリンターの開発に携わっています。それまでのオフィス向けプリンターで培った技術を応用して、試行錯誤を重ねています。この新規事業が成功すれば、新たなマーケットのお客様に貢献できると考えています。

私は、新規インクジェットプリンターのインク供給ユニット の開発を担当 しています。新規インクジェットプリンターでは、大量印刷をするため、多くのインクを消費します。お客様がストレスなく印刷するには、インク補充回数が少ないことがとても重要です。このために新たな設計が必要であり、部品選定や制御方法の検討をゼロから行っています。自分が考えたものを設計し、形にしていく過程は、技術者としてやりがいを感じています。

開発業務では、大学で学んだ知識が必要

インク経路の設計では流体力学が、金属部品を設計するときは材料力学が、役立っています。その他にも、センサやポンプ を動かし制御するためには、電気が専門の社員とも話す必要があり、電気工学や制御の知識が役立っています。学生時代に学んだことが基礎となっていますが、業務遂行のためには、新たな知識の習得が欠かせないため、社会人になってからも日々勉強に取り組んでいます。

私が所属する部署では、設計担当者が、設計から組み立て、評価までを一貫して行っています。自分が設計したものが形となり、設計通りに組み上がって動くときは充実感を覚えます。

若手のうちから開発サイクルを経験でき、技術力を向上できた

入社してから今まで、一貫してインク経路の開発に関わる仕事に携わっています。理想科学には若手にどんどん任せる社風があり、私も構想・設計・組み立て・評価という開発サイクルを経験しています。

開発業務を行う上で、チームではいつでもお互いに連携して進めていきます。週に1回のチームミーティングでは進捗を報告し、困ったことや分からないことはその機会に相談しています。より良い製品開発のためには、円滑なコミュニケーションがとても大切だと実感しています。

  

将来は、仕事と家庭を両立しつつ、技術者、社会人としてスキルアップしたい

私の所属する部署には、育児休暇やフレックス制度を利用して、育児と仕事との両立をはかる先輩がいます。男女に関わらずワークライフバランスがとれる職場環境であると感じています。私も将来、子育てをしながら、仕事をしていきたいと考えています。また、資格取得などを通して、技術者としてのスキルアップを目指していきたいと思います。

独自技術を持つ企業で働くことで、技術者として成長したい

大学では機械工学を中心に、設計・機械加工・電気工学・情報・人間工学など幅広く勉強し、研究テーマとして、金属薄膜を用いた磁気駆動マイクロアクチュエータの開発を行っていました。そんな私の就職活動の軸は「子どもたちの教育を技術面からサポートできる会社」と「独自の強みがある会社」という2点でした。

私は、大学事務室でインクジェット方式の高速カラープリンター「オルフィス」を使用したのがきっかけで、理想科学を知りました。理想科学のプリンターは学校で多く使用されていること、世界一速いオフィスプリンターであることを知り、興味を持ちました。

私は、他には真似できないものを作りたいという想いがあり、独自技術を持つ企業で働くことにより、技術者として成長したいと考えていました。また、社員の教育制度があると知り、これなら成長できそうだと感じました。待遇についても、四季報で各社と比較し、理想科学は充分に魅力的であり、入社を決意しました。

就活は、自分が将来どのような社会人になりたいかを考える、貴重な機会

学生時代、中でも就職活動中は、自分が将来どのような社会人になりたいかを考える、貴重な機会だと思います。会社に入って何をやりたいのか、どうなりたいのかを明確にしておくと、面接やエントリーシートも自信を持って臨めるはずです。

インターンシップ、人事部の社員、OBやOGに話を聞くことで、より自分に合った会社に巡り合えると思います。理想科学は、インターンシップなどを通して、製品に触れたり、技術者と話したりする機会を作っています。実際に働く社員に、やりがいや業務内容などを聞ける、貴重な機会があるので、ぜひ活用すると良いと思います。

一日の流れ

08:15 出社 08:30 始業(作業着に着替えてから着席) 08:45 メールチェック、英会話勉強を行う 09:00 グループミーティング。セミナーで情報収集した内容を共有。 10:00 チームミーティング 11:00 担当ユニットの構想検討 12:00 同期と昼食 13:00 評価結果の整理 15:00 担当ユニットの構想検討(一日中設計をすることも、実験・評価を繰りかえることもある) 17:10 夕食(納期が迫って残業するときは食堂で夕食をとります)水・金曜日はノー残業デーのためこの時間に退社 18:00 構想を修正 19:00 退社

RISOで働く社員

このページのトップへ