HOME > 用途・事例紹介 > 業種別活用提案一覧 > オルフィスGD:基幹システム出力

オルフィスGD:基幹システム出力

低コスト・高効率な高速カラー帳票プリントを実現!

IBM i(AS/400)からのダイレクトプリントに対応。基幹システムプリンターのオープン化を「オルフィスGD」で実現。

オルフィスGDの導入メリット

高速プリントで作業効率アップ

毎分160枚*1の高速プリントで大量出力にかかる時間を大きく時間短縮。無駄な時間がなくなり他の作業時間に充てることができます。

A4片面160枚/分

プリントコストを削減

フルカラー1.44円/枚

*1:A4普通紙横送り、標準設定連続プリント、GDフェイスダウン排紙トレイ使用時。オルフィスGD7330の場合130/分。ComuColorExpress FS2000Cからの出力では、データによりプリントスピードが異なる場合があります。
*2:A4普通紙片面、RISO GDインク F使用時。カラーは解像度300dpi、測定画像にISO/IEC24712に定めるパターンを使用し、ISO/IEC24711にならいRISO独自の測定方法によって算出。モノクロは解像度600dpi、測定画像にISO/IEC19752に定めるパターンを使用し、ISO/IEC24711にならいRISO独自の測定方法によって算出。用紙代別。ComuColorExpress FS2000Cからの出力では、データによりプリントコストが異なる場合があります。

導入・運用コストを削減

既存のドットインパクトプリンターやラインプリンターの役割をオルフィスGDに集約。プリンター設備のダウンサイズで導入・運用コストを削減します。

用紙コストを削減

事前にデザインした帳票レイアウトで白地カット紙に一度にプリントできるので、従来の複写伝票や専用用紙にかかっていたコストを削減できます。

複写伝票をカット紙化

オルフィスGDでIBM i(AS/400)からダイレクトに帳票出力

「AS/400」と「オルフィスGD」をつなぐ3つのツール

1.UT/400-iPDCグラフィカルPDF作成ツール

IBM iのスプールファイルからPDFデータを生成し、オーバーレイデザインを簡単に作成可能。IBM iで多種多様なタイプの帳票が作成できます。

2.UT/400ダイレクト印刷オプション for RISO

UT/400-iPDCで生成したPDFデータを、IBM iからLAN/WAN(TCP/IP)経由でダイレクトにオルフィスGDでプリントできます。これまでIBM iの基幹データ出力に必要だったPCOMMなどのエミュレーター、さらに中間サーバー類を不要にします。

3.プリントコントローラー ComuColorExpress FS2000C/RS1100C 【オプション】

バリアブルデータや大容量データ出力の際に必要なプリントコントローラ―です。データを高速処理できるので、オルフィスGDのプリントスピードを最大限に生かします。

[case1] IBM i(AS/400)+基幹システムプリンター(ラインプリンターまたはドットプリンター)をご利用のお客様に

導入効果 ・プリンターの環境のオープン化でカット紙に移行できるので、用紙コストの削減が可能。 ・専用ドットプリンターやラインプリンターが不要で、導入・運用コストの削減が可能。 ・プリント業務の高生産性とコストダウンに貢献し、業務効率化を実現。

[case2] IBM i(AS/400)+UT/400-iPDCグラフィカルPDF作成ツール+他社機プリンター・コピー機をご利用のお客様に

導入効果 ・プリント業務の高生産性とコストダウンに貢献し、業務効率化を実現。

[case3] IBM i(AS/400) プリンター環境でオープン化済みをご利用のお客様に

導入効果 ・プリント業務の高生産性とコストダウンに貢献し、業務効率化を実現。

※オルフィスGDの他にオプションのプリントコントローラComuColorExpress FS2000C/RS1100Cが必要です。 ■UT/400-iPDC開発販売元 株式会社アイエステクノポート

製品に関するお問い合わせとカタログのご請求はこちらから

フリーダイヤル0120-534-881

受付時間 
10:00〜12:00 13:00〜17:00
(土・日・祝日・夏期休業・年末年始を除く)

このページのトップへ