RISO

高速カラープリンター ORPHIS オルフィス 世界最速を、あなたの仕事のチカラに。

世界一速い*1カラープリンターは理想科学の「オルフィス」。
オルフィスは世界最速毎分160枚*1のプリント速度を実現し、経済性に優れたカラープリンターです。
多彩な後処理加工にも対応。
そのスピードが、あなたの仕事のチカラになります。

世界最速*1の印刷スピードを体感する
(オルフィスTVCM「オーケストラ」篇30秒)

  • “高速性” プリント時間や手間を短縮
  • “経済性” カラーを低コストで気兼ねなく印刷
  • “拡張性” 冊子や封書も自動で作成

“世界最速*1”で作業時間を短縮

“世界最速*1”の高速プリントで、
作業を効率化

オルフィスは、毎分160枚*1の圧倒的なスピードでカラーもモノクロも高速プリント。社内印刷業務にかかる時間を大きく短縮できます。

オルフィスGD9630ならフルカラー1000枚がA4片面6分15秒*1

独自の技術で、 印刷コストを削減

経済的な印刷コスト

オルフィスは独自の技術でカラー1枚1.44円*2/モノクロ1枚0.50円の低コストプリントを実現。印刷経費を削減することができます。

オルフィスGD9630ならフルカラー1000枚が1440円*2(用紙代別)モノクロ1000枚が500円*2(用紙代別)

自動化により仕事の手間を軽減

後処理加工の自動化

オルフィスはオプションのフィニッシャーでプリントから後処理までの自動化が可能。小冊子作成、くるみ製本、封入封かんなど、後処理加工が必要な印刷物も手間なく社内で用意できます。

くるみ製本 中とじ小冊子 封入封かん

“世界最速*1”を支える技術

インク開発技術

高速印刷のために、
油性顔料インクを独自に開発。

オルフィスは、品質の安定性と、耐水性に優れた油性顔料インクを採用。一般的なオフィス用インクジェットプリンターで使われている水性インクとは異なり、印刷直後に用紙が変形することがなくスムーズに用紙搬送され、高速印刷を実現します。

「油性インクの場合」繊維が伸びないため○用紙変形がない、「水性インクの場合」水分により繊維が伸びるため×用紙が変形しやすい

高速用紙搬送技術

精度の高い高速搬送技術を、
複雑な後処理加工に応用。

オルフィスは、用紙の大きさや種類に関わらず、用紙に負担をかけずに高度な用紙搬送精度で、圧倒的な高速印刷を実現します。GDシリーズでは、複雑な用紙搬送経路が必要となる後処理装置を製品化、仕上げまでワンストップで行えます。

インクジェット印字の技術

“世界最速*1”のプリントスピードを 展示会で体感!

高速プリンターで仕事の手間を軽減

理想科学工業では、毎分160枚の世界最速プリンター*1のオルフィスGDをはじめ、最新の高速プリンターを体感いただける展示会「RISO FUTURE LIVE!」を全国各地で開催します。プリントワークの効率化を実現する、その圧倒的なパフォーマンスをこのイベントでぜひ体感してください。お待ちしております。

展示会情報はコチラ

  • *1:オルフィスGD9630/GD9631の場合。A4普通紙片面横送り、標準設定連続プリント、GDフェイスダウン排紙トレイ使用時。2018年3月現在販売の枚葉(カット紙)オフィス用カラープリンターにおいて世界最速(当社調べ)。
  • *2:A4普通紙片面、RISO GDインク F使用時。カラーは解像度300dpi、測定画像にISO/IEC24712に定めるパターンを使用し、ISO/IEC24711に基づく測定方法によって算出。モノクロは解像度600dpi、測定画像にISO/IEC19752に定めるパターンを使用し、ISO/IEC24711に基づく測定方法によって算出。用紙代別。