HOME > 用途・事例紹介 > リソグラフ活用紹介 > 封筒印刷のコツ

封筒印刷のコツ

リソグラフなら封筒印刷も簡単

[Step1] 封筒を用意しましょう

長4から角1までの封筒に印刷できます!
  • リソグラフ印刷に合った封筒を用意しましょう。
用紙サイズ75mm×145mm 〜 270mm×382mm
(定型封筒最小〜角1封筒)
用紙重量50g/m2 〜 120g/m2

※封筒給紙アタッチメントを使用した場合。

[ご注意]
加工された用紙やアート紙・コート紙などには対応していません。
大きくカールしていたり、反りの強い封筒は給紙できない場合があります。
マドがないもの、ベロの部分にシールが貼ってないものを選びましょう。

[Step2] 封筒のサイズを登録・設定をしましょう

封筒のサイズを登録・設定すれば印刷のズレが防げます!
  • リソグラフやプリンタドライバーに、封筒の大きさを登録・設定します。
  • 機種によってパネル画像は異なります。
  • 封筒はベロまで含んだサイズを登録してください。
  • 印刷する原稿も、封筒と同じサイズで作成しましょう。
ベロまで含んだ封筒サイズの例
[角1] 271mm×426mm
[角2] 240mm×372mm
[長3] 120mm×261mm
[長4] 90mm×223mm

[Step3] リソグラフに封筒給紙アタッチメントと封筒をセットしましょう

  • 封筒給紙アタッチメントをリソグラフの給紙台にセットします。
  • 封筒は、貼り合わせ部分が奥(排紙台側)になるようにセットし、給紙フェンスを合わせ、ロックレバーを回して固定します。印刷する面を上に向け、ベロの部分は折り曲げず、開いたままセットしましょう。
  • 「高さ調節レバー」で封筒の下部が水平になるように調節してください。
  • 封筒の幅が短くて泳いでしまう場合は、付属のフェンスアダプタを使えば安定したプリントが可能です。

※「給紙圧調整レバー」は標準のままでセットして下さい。

封筒をそろえ反りがない状態でセットすればよりスムーズです!封筒アタッチメントを使えば小さい封筒も安定給紙!

「インターバル印刷」を設定してさらにキレイに

「インターバル印刷」でプリントすれば裏移りを軽減します!

後続の封筒の裏面にインクが写ってしまう場合は「インターバル印刷」を設定すると便利です。ドラムを空転させて排紙の間隔を空け、印刷時の乾燥時間を長くすることで、裏移りを軽減します。

1.機能一覧画面で【インターバル印刷】にタッチする

2.【ON】を選択し、ボタンかテンキーでドラムの空転数(1〜10回)を指定する

※リソグラフMF/SFシリーズの場合、パネル画像は異なります。

製品に関するお問い合わせとカタログのご請求はこちらから

フリーダイヤル0120-534-881

受付時間 
10:00〜12:00 13:00〜17:00
(土・日・祝日・夏期休業・年末年始を除く)

このページのトップへ