HOME > 製品情報 > デジタル印刷機 リソグラフ > リソグラフ SFシリーズ > リソグラフ SF939/939G 操作性・利便性

リソグラフ SF939/939G 操作性・利便性

RISOGRAPH SF 939G/939/935/635/625/525 多枚数プリントに、圧倒的な生産性を。 最高190枚/分

直感的な操作性とネットワーク環境

カラー液晶を採用し、使いやすさが向上した操作パネル

大型カラー液晶タッチパネルを搭載。カラーで各機能ページが見やすく、さまざまな機能や用紙設定などをタッチパネルで簡単に操作することができます。

カラーユニバーサルデザイン認証を取得

操作パネルや本体の表示といった操作に関わる部分が色覚の個人差を問わず、できるだけ多くの方に見やすいよう配慮して作られているとNPO法人カラーユニバーサルデザイン機構によって認定されています。

パソコンから直接プリントできない環境でも高品質プリントが可能

USBメモリープリント

データ原稿*1を保存したUSBメモリーから鮮明な画質でプリントできる「USBメモリープリント」が可能です。

  • *1:パソコンからUSBメモリーへのデータ保存には付属のプリンタードライバーを使用します。
  • USBメモリーは市販品をお使いいただけますが、すべてのUSBメモリーの動作を保証するものではありません。

紙メモリープリント

パソコンで作成したデータ原稿を、「紙メモリー原稿」に変換してプリンターから出力。「紙メモリー原稿」をリソグラフSF939/SF939Gで読み込むと、パソコンからのダイレクトプリントやUSBメモリープリントと同様に鮮明な画質でプリントできます。また、デジタルパターン化された「紙メモリー原稿」に変換することで機密性が高まります。

  • 紙メモリー原稿を作成するには付属のプリンタードライバーを使用します。対応OSはWindows®のみです。
紙メモリープリント 「紙メモリー原稿」に変換・出力指示 紙メモリー原稿 プリンター*1で「紙メモリー原稿」を出力(機密情報の持ち運びも安心) リソグラフで「紙メモリー原稿」を読み込んで製版・印刷 完成(画像も小さい文字も鮮明)
紙メモリープリント 「紙メモリー原稿」に変換・出力指示 紙メモリー原稿 プリンター*1で「紙メモリー原稿」を出力(機密情報の持ち運びも安心) リソグラフで「紙メモリー原稿」を読み込んで製版・印刷 完成(画像も小さい文字も鮮明)

「紙メモリープリント」機能

22秒

  • *1:プリンターによっては対応しない場合があります。

機能・設定をコンソール画面で一括管理

ネットワーク接続されているパソコンから、設定・確認等の操作ができるコンソール機能を搭載。モニタリング機能やネットワーク設定をコンソール画面で管理できます。また、RISOコンソールにログインすればリソグラフに保存されたデータ確認が可能です。

このページのトップへ

多枚数プリントの可能性を広げる多彩な機能

リソグラフ本体にデータ保存が可能

紙原稿のスキャンデータやパソコンからの出力データをUSBメモリーやリソグラフ本体に装着したSDメモリーカードに保存(ホールド)しておくことが可能。定型書式など頻繁に使用する文書を保存しておけば、必要なときにすぐプリントできて便利です。保存したデータは、USBメモリー、SDメモリーカード間で相互にコピーと移動ができ、簡単にバックアップを取ることができます。

  • 出力データの保存には、USBメモリーまたはSDメモリーカードが必要です。
  • USBメモリーまたはSDメモリーカードは市販品をお使いいただけますが、すべてのUSBメモリーまたはSDメモリーカードの動作を保証するものではありません。
  • SF939GはSDメモリーカード(1GB)が標準装備。

連写で原稿の多面付けが可能

連写機能を使えば、小さいサイズや不定形サイズのチケットなどの原稿を1枚の用紙に多面付けすることができます。

プログラム印刷でプリント枚数を設定

グループや原稿ごとに必要な枚数を設定しておくと、プリントのたびに枚数を入力しなくてもすぐにプリントすることが可能。また、プログラム印刷は合紙仕分け機能や、テープ仕分けを自動で行うオプションのSTソーターを使用することで、プリント後の仕分けが簡単になります。

1原稿プログラム

1原稿をグループごとに異なる枚数でプリント
設定は150グループまで可能です。

1年生25枚×4 2年生30枚×3 3年生30枚×4

多原稿プログラム

複数原稿を原稿ごとに異なる枚数でプリント
設定は20原稿まで可能です。

A地区(25戸)向け25枚 B地区(30戸)向け30枚 C地区(15戸)向け15枚

仕分け作業を効率化できる「合紙仕分け」

給紙台にセットされている用紙を合紙として利用。プリント中の用紙の間に白紙をはさむことで、印刷物を仕分けることができます。

「合紙仕分け」機能

15秒

オーバーレイ機能で原稿を合成

ロゴマークなどを保存すれば、オーバーレイ機能でさまざまな書類に合成してプリントすることができます。

  • オーバーレイ機能には、USBメモリーまたはSDメモリーカードが必要です。
  • SF939GはSDメモリーカード(1GB)が標準装備。

このページのトップへ

使いやすさを追求した給排紙機構

紙を美しく揃えて、取り出しやすい排紙台

高速で排紙される用紙を整然と積み上げ、プリント終了後に簡単に取り出すことができます。また、SF939は定形サイズをプリントする場合、ストッパーが各用紙サイズで「カチッ」と止まるため、排紙のセットが簡単です。

用紙搬送

プリント速度に応じた搬送ベルトの回転速度と、排紙ウイングの高さを用紙サイズに合わせて自動調整することで、安定した排紙を実現します。

排紙ウイング

排紙ウイング

17秒

排紙台

排紙フェンスの両側の紙揃えプレートの“ドミノ”機構とV字型の底部でプリント後の用紙を揃えながら積載。フェンスを外側に倒して、スムーズに用紙を取り出すことができます。

“ドミノ”機構

“ドミノ”機構

11秒

用紙搬送で1dB低減

給紙時の用紙搬送スピードをコントロールすることで、リソグラフSF939/SF939Gは従来機に比べ1dBの静音化を実現しました。

  • 100枚/分のプリントスピードの場合。

厚紙にも対応した、給紙圧レバー

給紙しにくい厚紙にも対応した、給紙圧レバーを搭載。サバキ板の角度調整と合わせ、さまざまな厚紙にプリントすることができます。

  • 厚紙の種類によっては対応しない場合があります。

封筒印刷にも対応

オプションの封筒給紙アタッチメントを使えば、長4から角1までの封筒印刷が可能に。用紙サイズ*1が事前に登録されているので、手間なく効率よくプリントできます。

  • *1:角2、長3、長4は用紙サイズが登録されています。
  • 封筒の種類によっては対応しない場合があります。
  • 写真はオプションの封筒給紙アタッチメント装着時。

幅広い用紙対応で、多様なプリントニーズに応える

高精度な給排紙機構により、一般的なオフィス用紙やリサイクルペーパーはもちろん、ざら紙、厚紙、封筒など、さまざまな紙質・厚さの用紙に対応します。

  • 用紙・封筒の種類によっては対応しない場合があります。

このページのトップへ

SF939Gの紹介

多枚数プリントをもっと便利に。3つのオプションを標準装備。 RISOGRAPH SF939G A3対応 高画質 最高190枚/分*1 オプション標準装備

リソグラフSF939Gは、オプションのオートフィーダーオートフェンス排紙台ソフトデジタイザを標準装備。多枚数プリントをもっと便利に、作業効率を高めます。

  • *1:ドラム内部の温度が15℃以上の場合。

両面読み込みが可能なオートフィーダー

オートフィーダー(自動原稿送り装置AF-Ⅶ)は、100mm×148mmのハガキサイズも自動で読み込み可能です。また、薄型でスピーディーに読み込みます。

排紙フェンスを自動調整

RISOオートフェンス排紙台は、選択した用紙サイズに合わせてフェンスが自動的に移動するため、プリントするたびにフェンスの位置を手で直す必要がありません。パソコンからプリントする場合、デスクとリソグラフが離れた場所にあっても、RISOオートフェンス排紙台を装備することで効率的にプリントできます。プリント後は側面のボタンを押すと排紙フェンスが開き、刷り上がった用紙をスムーズに取り出すことができます。

タッチパネルで編集できるソフトデジタイザ

ソフトデジタイザキットⅢを使用すれば、紙原稿を読み込み、画面に表示して加工したい部分をタッチペンで指定するだけで、画像処理*1などの操作が可能。データ原稿やホールドデータにも対応し、表示を拡大して細かい部分の編集も行えます。

  • *1:ホールドデータを呼び出して編集する場合は画像処理は行えません。
  • 画像は拡大表示時。

製品に関するお問い合わせとカタログのご請求はこちらから

フリーダイヤル0120-534-881

受付時間 
10:00〜12:00 13:00〜17:00
(土・日・祝日・夏期休業・年末年始を除く)