HOME > 製品情報 > 高速カラープリンター オルフィス > オルフィスGDシリーズ > 情報セキュリティー・管理機能

情報セキュリティー・管理機能

ORPHIS GD 9630 Premium/9630/9631/7330 ハイボリュームプリントに新しい未来を。

情報セキュリティー

利用者制限やセキュリティーを強化オプション

社員証などに使われている非接触型ICカードを使ってスピーディーなユーザー認証が可能です。登録したユーザーだけが使用できる利用者制限やセキュリティー強化に活用できます。

機密文書への個別の暗証番号設定が可能

プリントデータの出力時に個別の暗証番号を設定できます。送信したデータは、操作パネルに暗証番号を入力することではじめてプリントできるため、印刷物が放置されたままの状態がなくなり、情報漏洩防止に役立ちます。

HDDデータ暗号化

オルフィスのHDD内の保護対象データを暗号化し、情報漏洩を抑止します。

HDD完全消去(データ一括上書き消去/残存データ上書き消去)

データ領域を一括して上書き消去し、データの復元を抑止します。

MPS(マネージド・プリント・サービス)と連携

各種MPSと連携し、枚数管理やコスト管理を行えます。

IPv6*1など各種の通信規格に対応

IPパケット単位でのセキュリティー処理を行うIPsec*2を標準装備したプロトコルIPv6*1を利用可能。ネットワーク上での情報漏洩を抑止します。

  • *1:Internet Protocol version 6
  • *2:Security Architecture for Internet Protocol

外部認証サーバーと連携

LDAP*1サーバーなどの外部認証サーバーで管理されているデータを参照してプリントできます。また、出力機器の認証も外部認証サーバーで手軽に一元管理できます。

  • *1:Light weight Directory Access Protocol

セキュリティーをより強固にオプション

「RISOセキュリティパッケージ for GD」*1は、HCD-PP*2に適合したコモンクライテリア(cc)認証を取得しています。オルフィスGDに本製品を導入することで情報漏洩リスクが低減し、さらに安心してオルフィスGDを使用できます。

CCRAmark

本(CCRA)認証マークは、認証の対象となったセキュリティー機能の評価が「ITセキュリティー評価および認証制度」の定めに従って実施され、評価結果が検証されたことを示すものです。ISO/IEC15408認証の評価対象となったセキュリティー機能を正しく実装し確実にお客さまの元に設置されることを表します。

  • *1:「RISOセキュリティパッケージ for GD」のご利用にはオプションのORスキャナーHS7000と監査サーバーが別途必要です。
  • *2:HCD-PP(ハードコピーデバイス・プロテクションプロファイル)は、IT製品や情報システムに対して、情報セキュリティーを評価し認証するための評価基準を定めた国際規格であるコモンクライテリア(CC)評価方法を用い、市販されているデジタル複合機の効率のよい調達を促進する目的で取りまとめられた要求仕様書です。

このページのトップへ

管理機能

消耗品の在庫を管理しメールで通知

インクの在庫数が設定した本数になると、操作パネルにメッセージを表示。また、自動で複数人にメールで通知することもできます。急な消耗品切れを防ぎ不足が発生する前に注文が可能です。

RISOコンソールにさまざまな管理機能を統合

RISOコンソールはウェブブラウザーからアクセスでき、ユーザー登録やプリンターの状態確認、ボックス保存データのプリントなどさまざまな管理に利用できます。

利用者を最大1,000件まで登録可能

1台につき最大1,000件までユーザー登録が可能です。RISOコンソールを使うと複数のユーザーを一括登録できます。登録ユーザーのグループ分けや使用制限なども、容易に行えます。

アプリケーションデリバリーCitrix®に対応

アプリケーションを仮想化することでパソコンの集中管理ができるCitrix社製品の認証を取得しています。

  • ※Citrix社製品への対応と動作確認についてはこちら[別窓リンク]をご確認ください。また、Citrix社の該当ページも併せてご確認ください。

CiTRIX READY

このページのトップへ

製品に関するお問い合わせとカタログのご請求はこちらから

フリーダイヤル0120-534-881

受付時間 
10:00〜12:00 13:00〜17:00
(土・日・祝日・夏期休業・年末年始を除く)

このページのトップへ