HOME > 企業情報 > 株主・投資家情報 > 経営方針 > 経営戦略

経営戦略

当社グループの主要事業である印刷機器事業においては、インクジェット事業が成長する一方、孔版事業は減収傾向が続いております。インクジェット事業の成長スピードを上げることと孔版事業を維持することが当社グループの対処すべき課題ととらえております。また、当社グループの中長期的な経営課題は、経営環境の変化に適応し当社グループを効率的で強い企業体質に変えることだと認識しております。
当社グループの中長期的な成長を実現するために、製品の特長をいかした販売活動を全世界で展開してまいりま
す。また、新規事業の創出に向けた開発活動を行ってまいります。

第七次中期経営計画(RISO Vision 22)の初年度である2020年3月期の経営方針は以下のとおりです。

2020年3月期経営方針

1. インクジェット事業の拡大と孔版事業の強化を実行する
2. グループ効率改善に向けて経営企画機能の強化に着手する

第七次中期経営計画 RISO Vision 22 (2019年4月1日〜2022年3月31日)

マネジメント目標

インクジェット事業を拡大すると同時に、グループ全体の効率改善をすすめ、利益体質を強化する

アクションプラン

1. 営業本部は「多枚数顧客への販売強化」と「本部体質の転換」を実行し収益を改善する
2. 海外事業は「成長セグメントを伸ばす」ことと「不採算部門の改善」により収益を増加する
3. 顧客志向に基づく開発を推進し、新規事業の創出に挑戦する
4. これからの製造のありかたを追求し、調達体制・製造体制の転換を進める
5. 経営体制と管理手法を刷新し、経営企画機能の向上をはかる

数値ターゲット

  • 連結売上高:860億円
  • 連結営業利益:41億円

※前提とする為替レート:1米ドル110円、1ユーロ125円

このページのトップへ