HOME > 企業情報 > 株主・投資家情報 > 経営方針 > 社長メッセージ(株主のみなさまへ)

社長メッセージ(株主のみなさまへ)

株主の皆様には、平素より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

当社グループは、2020年3月期を初年度とする第七次中期経営計画「RISO Vision 22」において、「インクジェット事業を拡大すると同時に、グループ全体の効率改善をすすめ、利益体質を強化する」を中期的なマネジメント目標として掲げ、事業を推進しています。

2020年3月期の業績は、通期にわたり為替の円高影響を受けたことに加え、第4四半期は新型コロナウイルス感染症が世界的に拡大したことにより販売に影響が生じ、前期と比べ売上高は減収、営業利益は減益となりました。

当期は、昨年8月にプロダクションプリンター(PP)市場向けの高速インクジェットプリンターの新ブランド「VALEZUS(バレザス)」を発表し、高速カット紙プリンター『VALEZUS T2100』を北米、欧州で発売しました。

2021年3月期についても、不確定要因が多い状況下ではありますが、PP市場における帳票などの多枚数プリント用途のお客様への販売を強化し、インクジェット事業を拡大することと並行してグループ全体の効率改善を進めてまいります。

株主の皆様におかれましては、今後とも一層のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。


2020年6月
代表取締役社長 社長執行役員
羽山 明

このページのトップへ